2つの腹立たしいこと

 
自衛隊、消防、警察、あるいは地域ボランティアの方々の懸命な活動が続いています。心からの深甚なる敬意と感謝の念で一杯です。

これだけの状況に、誰しもが何か自分ができることがしたいと思っていらっしゃることだと思います。私も仕事としての活動以外に、募金の活動を行っています。街頭募金をやると、多くの方が立ち止まり、1000円札を、あるいは500円玉を、どんどん入れてくれます。本当に心が一つになっていることを実感します。日本人の殆どが、無心で単に何かしたい、そう思っている、と実感します。

ところがです。ところが・・・・

そんな中、非常に残念なことが2つあります。いずれもおカネにからむことです。

実在する団体(市役所など)などを名乗った募金詐欺が発生しているそうです。腹立たしい。悔しい。虚しい。その他の日本人の気持ちを踏みにじる言語道断の行為です。違法か否かに関わらず、断罪したい行為です。犯人を捕まえだして、警察に突き出す前に、市中に1週間さらし者にしたい気分です。

もう1つ。円高です。史上最高値になりました。一瞬、なぜ、と思いましたが、報道にあったように、復興資金を一旦日本に引揚げる必要がでてくることを予想した日本向け投機マネーだそうです。こうした動きをしたのはどこのだれかわかりませんが、災害を直接金儲けのネタにするとは、こちらも先ほどの詐欺と同等です。(ただ、こちらは協調介入ができましたので、主要国の心は頂いた形になりました)

カテゴリー: オピニオン, 経済財政金融, 震災復興 タグ: , この記事のURL