また辞任・・・残念な辞任と呆れる辞任

先日の前原大臣の辞任に続いて、また看過できない辞任が相次いでいます。

お一人は土肥さんという民主党衆議院議員。私は全然知りませんでしたが、報道によれば、日韓キリスト教議員連盟の日本側会長だとか・・・。竹島が韓国固有の領土だとかの文章を会長名で共同発表したとのこと。

これだけでも呆れるが、もっともっと呆れることがある。ご本人の主張が、「当日渡されたペーパには既に私の名前が入っていて・・・修正する時間もなく・・・発表して・・・」とのこと。

もし先方のだまし討ちなら、これこそ普段から馬鹿にされているということではないですか。しかも、おかしいと思うなら、外交であれば、主張しないといけません。何のための議員連盟なのか・・・。第一なぜスタッフが事前調整していないのか。

さらに気になるのが後の記者会見で、「私が"韓国"のためにやってきた11年を・・・」。言うならば日本と韓国の両国のために、ではないか。

それを考えると、この人は、韓国のために、知っていて共同発表したのではないか、とさえ思えてくる。私は民主党に毛嫌いやアレルギーは全くないと普段から言っていますが、この事件は、ちょっと考えさせられました。こ〜ゆ〜議員が居たもんだぁ〜と歌を唄いたくなります。

もう一つ。

米国務省の日本部長を務められていたメア氏が辞任・・・というか更迭されたとの報道がありました。何度かお会いしたことがありますが、何年も日本で勤務された日本びいきの方でした。先日の前原大臣の辞任と同様、こちらは微妙です。

発言自体、軽率で辞任は当然、言語道断ではあります。沖縄の感情を無視している。しかし、現在、ただでさえ日本びいきの米官僚が少なくなっているのに、更に重要な方が居なくなりました。

鳩山総理のお蔭で日米関係がぎくしゃくしたのはご存知の通りです。

これによってアメリカの官僚組織になにが起きているか。実は、親日派の官僚がかなり干されるようになっています。考えてみれば当然です。親日派に任せていた対日交渉は、さっぱり進まなくなって、組織では無能扱い。ですから、メア氏も相当苛立ちがあったことは容易に想像できます。

いずれにせよ、アメリカが迅速な対応をしたことは、せめてもの救いです。

カテゴリー: オピニオン, 外交安保, 政治姿勢・国家像・憲法 タグ: , この記事のURL