ツネッタロウ・ケッタロウ

どうでも良い話ですが、私の名前は、敬太郎と申します。

祖母とお袋が折半して付けてくれた名前だそうです。

祖母は姓名判断に凝っていたらしく、大野太郎がお勧め。が、お袋は、太郎ではあまりに可哀想だ、と、1文字つけて、敬太郎になったのだそうです。

今では名前は大のお気に入りです。

が小さいときには軽く苦労しました。

第一、当時は大体のアニメの主人公は、名前が一文字でした(明とか悟とか翼とか・・・)。憧れました。

ただ、憧れだけではありません。私の祖父は常太郎と申しますが、

常太郎と敬太郎、ツネタロウとケイタロウ、ツネッタロウとケッタロウ、抓ったろ~蹴ったろう~

よく悪友に抓られたり蹴られたりしました。まぁ悪質なイジメではないです。

恐らく名前が違えば間違いなく蹴られたりはしなかったでしょう。

という訳で、多少の暗い過去はもっていますが、只今がんばっております。

カテゴリー: オピニオン, 善然庵閑話 この記事のURL