無易由言

四国新聞によると、岡田外相(結構好きな部類の方ですが)が、普天間移設問題で米海兵隊が新しい飛行経路を提案してきた問題で、「それは自民党政権時代の密約みたいなものだ」という趣旨の発言をしたそうです。さらに、「米政府がそれでいいならその方向で進めればいい」との趣旨の発言もあったようです。

全ての人が完全に納得いく案ではないけれども、何とか理解される案に苦労してたどり着いたものを、密約だと悪事のように喧伝し、沖縄の意見も聞かずに公言するというのは、あまりに勇み足としか言えません。

岡田外相ではだめだとは思いませんが、大臣の言葉の重みはもう少し考えるべきではないかと思います。

政治的意図があるなら別ですが、無易由言という言葉もあるとおり、言葉は政治の命であり、政治は日本そのものです。自民とか民主とかの枠を超えて、日本丸のために日々戦って欲しいものだなと思った一日でした。

カテゴリー: オピニオン, 政治姿勢・国家像・憲法 タグ: この記事のURL