経済対策

 2次補正が成立しました。現政権は、以前、「従来の財政出動による経済対策のやり方は効果がないことが分かっている。やり方を変えて、一般国民に給付し消費性向を上げて景気を回復する」と宣言していました。何度も指摘しておりますが、効果がないのではなくて、0%成長に維持できていたのは過去の財政出動によるものです。景気の後退期には民間企業に元気になって頂いて景気のエンジンをかけてあげることが政府の役割だと思います。一般国民に給付する方式は延々政府が景気のエンジン役にならざるを得ないと考えます。(問題は、意味のない不要なものを作らないということであって、不要をどのように判断するのか、ということだと考えます。)

カテゴリー: オピニオン, 経済財政金融 タグ: この記事のURL