所信表明演説に想う

国会が始まりました。冒頭、安倍総理の所信表明演説を聞いて膝を打ちました。

基本的に、先の総選挙以降、総裁と幹事長が常々おっしゃっている謙虚さと丁寧さ路
線の所信表明でした。安倍総裁らしい保守色がなかったのが少し物足りなさを感じま
すが、持論よりも、日本の危機を脱出し突破するために、与野党はじめ日本人全員の
一致団結を訴えるような内容であり、私は現時点の所信表明としては最高だと思いま
す。

内容についてですが、経済再生が最優先である。そして震災復興、外交安保も重要な
課題。なぜ経済再生を最優先課題に据えたのか。それは、頑張っても報われない社会
になってしまっている。そのような状態で、政府が所得の再分配を繰り返しても、こ
の状況が改善されるわけがない。民間の活力を引き出す施策を打ち出さない限り、日
本が活性化し強くならない。そして、アルジェリアの事件に触れ、絶対に国土を守
る、との強い意志も示しました。また、国民に対して、強い日本を創るため、自信と
誇りを取り戻そう、とのお訴え。日本再生に向けた驕りのない力強い意欲を感じるも
のでした。また、前回総理を辞任したことにも触れ過去の反省を心に刻み、丁寧な国
会運営に当たるともおっしゃいました。

私もよくお訴えさせていただいていますが、今の閉塞感漂う日本を再生させるために
は、もちろん政治が先頭を切って粉骨砕身努力しなければなりませんが、日本人全員
が一つの方向を向いて、がんばろう、とお互いに言い合える状況にならないといけま
せん。であるならば、政治は徹底的に謙虚になって襟を正し、必要な政策を一つ一つ
着実に実行していく必要があると思っています。

日本再生の土台は、誇りと自信。それを裏付けるのは経済の再生と国家の基盤確立
(安全保障)です。走りぬきます。

カテゴリー: オピニオン, 政治姿勢・国家像・憲法 この記事のURL