北方領土

北方領土問題について、毎日新聞の取材のなかで、政府代表の谷内元外務事務次官が麻生論(面積2分論)に言及したとのこと・・・。もともと私は全部返せ派ですが、政府案が難航している中、何らかの選択肢を模索することは必要だとも感じております。が、模索と言っても、あくまで将来の外交カードの勉強のためです。さらに言えば、2島先行返還案や3島返還論・共同統治案など、政治的に非現実的な諸案よりは、面積二分論の方がはるかに現実的な案だと感じています。が、政府が今発表するはずがない内容です。毎日さんの早とちりか、谷内さんのアドバルーンだと考えています。

北方領土は非常に難しい問題です。国連改革などと併せて、大英断をしなければならないかもしれません。

カテゴリー: オピニオン, 外交安保 タグ: この記事のURL