ドミニカ共和国大使叙勲の報

今日、ドミニカ共和国のウレニャ大使の叙勲の報が舞い込んできました。先月初旬のことだったそうです。おめでとうございます。

小生の親分が、何を思ったのか突然ドミニカ共和国との議員外交を始めたのが丁度小生が政治の分野に入って直後のこと。理由を聞くと、アメリカとアジアの経済外交情勢を考えれば、中南米カリブ諸国やドミニカ共和国が日本にとって重要になると判断したのだそうな。それはそれで同感。問題は、自分は忙しいからと、全部小生に振ってくる。

そういう事情で相当頻繁に大使と連絡を取り合う期間がありました。兎に角、日本からの投資を呼び込むことが大使の使命で、相当な熱意を感じました。お蔭で小生の英語はラテン訛りになったような・・・。

大統領来日に際して大使(左)・大統領補佐官(右)と

野球選手のサミー・ソーサさんが特使として来日(大使の友人だそうな)

ちなみに、小生、ドミニカ共和国大使館から感謝状を頂きました。

カテゴリー: オピニオン, 善然庵閑話 この記事のURL