世界の中の日本

50d323b13acd37b94bdabdc6fc27f4f2.JPG e019ef2d074170df3ea0bf865e13d603.JPG

先日、我が地元の自民党支部大会にご来賓としてお招きした中山泰秀先生からお誘いを頂き、オーストラリアの若手国会議員がお越しなるというので大使館にお邪魔しました。

議員外交というのはとても重要だと感じています。なぜなら、政府間の正統な外交では言いたいことを言い放つことは難しく、民間だと正統性が担保できない。議員外交は、丁度そのあいだくらいの、言いたいことはちゃんと言える外交だからです。

もっぱらTPPの議論になりましたが、それはそれとして、私から、1.オーストラリアと言えば、自衛隊がイラクのサマーワに駐屯したときにサポートしてくれた国で、大変感謝している旨をお伝えした後、2.自分の地元(香川)はうどんで有名だけど、うどんの原料の小麦はオーストラリアから来ているものもある。オーストラリア小麦のうどんは美味しいし、スティッキー(粘り越し)だから、食べると交渉上手になります、と、うどんを宣伝してきました。

ところで、たまたま隣に座った女性。なんと元外務大臣のダウナーさんのお嬢さんでした。ダウナー元大臣は親父と面識のある人。昔話を少ししてしまいました。世界の中の日本。なるべく多くの外国の友人を作りたいと思っています。

ちなみに今日は、とある会合でたまたまアメリカのルース大使にお目にかかりました。ルース大使としては、歴代大使の中で始めて広島の原爆慰霊祭に参加くださった方で、その感謝をお伝えしたかったのですが、お伝えするのを忘れており、残念でした。今度お目にかかったときは是非お伝えしようと思っています。

カテゴリー: オピニオン, 外交安保 この記事のURL