同級生&恩師

香川県に戻ってきてから1年以上経ちますが、同級生はいいですね。兎に角、何年、何十年も会ってないのに、「おい、こら」で通じ合う。だいたい、あの時はお前はこうだった、あーだった、とくだらない話ばかりして何時間も経ってしまう。先日も4人ばかりで集まって馬鹿話。日頃のストレスが一気に解消です。

それから恩師との再開も嬉しいひと時。小生、中学時代は、テニス部員&ブラスバンド部員。楽器に興味を持ち始め、周囲に騒音を撒き散らしておりましたが、そのときの音楽担当は松井先生という方。昨夏、お招きいただいた介護施設の夏祭りにて、ばったりお会いしました。

国語の先生はグランドゴルフの開会式にお招きいただいた際に(先生は町長の代わりに来賓で参加されてました)、美術の先生は美術館にご挨拶に伺ったときに(先生は館長でした)、家庭科の先生は豊中の自治会総会にお招きいただいた際に、社会の先生は観音寺の道でばったり(公民館の館長をされてました)、数学の先生は市中挨拶回りでたまたまご自宅に訪問(主婦でした)、英語の先生は多度津のこれまた自治会集会にて(まだ学校の先生でした)・・・。

いやはや、ただ会うだけで懐かしさが込み上げ、同時に元気がでます。
カテゴリー: オピニオン, 善然庵閑話 この記事のURL