水産政策について:多面的機能発揮対策事業

広島選出の小林史明先生にお取り計らいを頂き、水産問題研究会を発足させ定期的に
勉強会を開いておりますが、今日は、事業の紹介をしたいと思います。

それは水産庁の25年度からスタートする多面的機能発揮事業対策。水産物の安定機
能という本来機能に加え、漁村の環境・文化・歴史・コミュニティーなどの社会的機
能を総合的に守ろうとする事業です。これは結構面白い、というか、素晴らしい制
度。漁村にまつわる活動であれば大概はカバー範囲に入ります。

例えばこれまで漁師さんやご家族や関係者がボランティアで行ってきたようなもの。

国境警備・海難救助・藻場や干潟の保護・海岸清掃・子供対象の漁業体験・漁村文化
伝承など、まとまったグループを作れば手を挙げられます。

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/hozyo/130304_s29.html

今回の公募は終了してしまいましたので、ご関心のある向きは次回是非ご検討くださ
い。

カテゴリー: オピニオン, 農業漁業 この記事のURL