護国神社春季例大祭

今年も善通寺の護国神社にて、春季例大祭が厳粛に滞りなく執り行われました。今年の大祭委員長は、参議院議員の磯崎よしひこ先生です。祭祀は非常に共感するもので、日本人の美徳としてきた道徳心、絆や和、協調など、失われた伝統ある心を取り戻すことを、英霊の前にお誓い申し上げるというものでした。

以前にも申し上げたかもしれませんが、私もそう強く思います。ローマ人は自らを律するものを法律に求めました。ギリシャ人は哲学くに、ユダヤ人は宗教に。であるとすれば、日本人も、自らを律するものを何かに求めるべきではないか。それは、まさしく磯崎先生のがおっしゃられた心をであると信じて疑いません。具体的には教科書など教育くだと思っていますが、また長くなるのとしかられますので、今日はこのへんで。

カテゴリー: オピニオン, 伝統文化・教育・愛国心, 政治姿勢・国家像・憲法, 歴史挿話 タグ: , , , この記事のURL