財務金融委員会~日銀質疑

財務金融委員会にて日銀の黒田総裁に対して質疑を行いました。内容は、世界経済や日本経済情勢に関する日銀の認識、マイナス金利の導入タイミングや現時点での効果の認識、G20コミュニケでのマイナス金利に関する議論、通貨安競争回避の意味と更なる金融緩和の意志について質疑を行いました。

報道ぶり

日銀総裁 マイナス金利「経済や物価に好ましい影響もたらす」 衆院財金委

~日本経済新聞社~

 日銀の黒田東彦総裁は20日、衆院財務金融委員会で、マイナス金利の効果について「今後、実体経済や物価上昇に好ましい影響をもたらす」と述べた。自民党の大野敬太郎氏の質問に答えた。

 黒田総裁はマイナス金利導入によって「貸出金利や住宅ローン金利も低下している」と企業や家計への好影響を強調。マイナス金利で金融機関の収益が圧迫されているとの指摘については「(景気回復を受けて)金融機関の貸し倒れなどの信用リスクは後退しており、きわめて高い収益水準を保っている」とし、影響は限定的との考えを示した。日銀の当座預金でマイナス金利の適用部分を一部にとどめていることにも言及し、十分に配慮していることを説明した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

s-IMG_8875 s-IMG_8917

カテゴリー: オピニオン, 経済財政金融 タグ: , , , , この記事のURL