社会的事業の支援による地方創生の加速

例えば商店街活性化。たぶんどこの地方でも悩ましい問題です。こういった社会的課題に行政ではなくて民間が取り組むケースが結構でてきています。行政の補助金で運営?違います。なるほどと思うような仕組みを編み出して、運営し、成功さ … 続きを読む

オーストラリアと資源と産業と歴史

先日、自民党総研メンバー11人(総研は党のシンクタンクで主任研究員は民間出身の精鋭)、同僚議員2人とともに、オーストラリア(以下豪州)を訪問して参りました。日本にとって豪州は、インド、韓国、ニュージーランドとともに戦略的 … 続きを読む

農林産品の輸出は無限の可能性がある

農林水産業が力強い産業として、そして地域を守る守り神として、しっかりとした足場を築くために、党の農林部会(部会長小泉進次郎代議士)で骨太方針策定のための議論を行っています。先般、これまでの議論の論点整理が行われました。 … 続きを読む

ため池小委員会初会合

二階俊博先生が会長をおつとめになる農村基盤議員連盟の下に、ため池小委員会が設置され、日頃何かとお世話になっている宮腰先生が小委員長に就任されました。議連の事務局は西村康稔先生。一番ため池の多い兵庫県選出です。因みに2位は … 続きを読む

農政新時代について

農政については、ご存じのとおり、2年前に既に政策を地域政策と産業政策に明確に分け農政を刷新しました。地域政策のコンセプトは、農家一人ではできないことを国家が代わりにやる、であって、インフラの概念だと思っています。例えば用 … 続きを読む

TPP経済影響試算について

昨年末、政府はTPPの経済影響試算を公表しました。どう計算しているかというと、GTAPという数理モデルを使った計算で、いろいろな仮定に基づくものなので、絶対正しいということではありませんが、大まかな方向性は把握できるもの … 続きを読む

イスラエルの農業はなぜ成功しているのか

イスラエルのハイテクを使った農業の成功が取りざたされることがあります。イスラエルの農業を担うのはほとんどがキブツであって、その農業を語るのにキブツの存在を忘れることはできません。キブツに所属する人口は総人口の3%。その3 … 続きを読む