学校の先生が忙しすぎる件

地元で学校の先生にお目にかかる機会が少なからずありますが、それは自治会の行事であったり、コミュニティーの行事であったり、もちろん運動会などの学校行事やスポーツ団体の行事などで、です。   忙しいですね、と聞く方も聞く方で … 続きを読む

国連女性差別撤廃委員会?女性天皇?選択的夫婦別姓?

昨日、国連女性差別撤廃委員会が日本に関してまとめた見解で、皇室継承が男系男子に限定しているのは女性差別にあたるなどとしようとしたことが報道で明らかになりました。結果的には、外務省の抗議によって削除されましたが、日本の伝統 … 続きを読む

戦後70年談話に想う

戦後70年という節目の年にあたり、先日、安倍総理から談話が発表されました。50年目には村山談話が、60年目には小泉談話が発表され、今回はその延長線上にある70年目にあたっての政府の先の大戦に対する考え方を改めて発表するも … 続きを読む

全国戦没者追悼式

去年同様、靖国神社に昇殿参拝し、武道館にて行われた全国戦没者追悼式に、参加してまいりました。今年の皇居の草木も、生き生きとした緑色を発し、セミの鳴き声は力強くて眩暈を感じるほどでしたが、おそらくあの時代、将来の日本を案じ … 続きを読む

選挙区割りと人口減少

1票の格差をどのように考えるべきなのでしょうか。私は最終的には国民投票で判断すべきだと考えます。司法が格差を違憲だとし立法機関の在り方を正すのは正しい。そして立法機関がその是正を議論することはそれ以上に正しい。 しかし、 … 続きを読む

【善然庵閑話】数学と音楽の美学と研究開発法人制度

18世紀くらいにオイラーという偉大なる数学者がいました。実用上有益な数学です。数学をかじった人なら必ず知っている人です。この人がいなければおそらく、アポロやはやぶさはおろか、テレビも生まれていないし、ビルの耐震設計もでき … 続きを読む

【善然庵閑話】永遠のゼロ

百田直樹さんの永遠のゼロを今頃になってですが読みました。最近は多忙のせいにして本を殆ど読めていないのですが、親しい知人に奨められてのことです。多くの場面で涙しました。 随分前にも書きましたが、私は、いつのころからか特攻隊 … 続きを読む

確かな安全保障制度を構築し心豊かな国家の創造を

(とある機関紙に寄せた原稿を一部加筆訂正して掲載します)  私が政治の道に飛び込んだのは、米国で同時多発テロが発生した数年後、丁度世界の安全保障環境が大きく変わろうとしていた時代でした。それまでは、いわゆる理科系ド真ん中 … 続きを読む

靖国神社昇殿参拝と戦没者追悼式

おそらくは、70年前の、私より遥かに若かったであろう先人先達も聞いたであろう悲しげな蝉の声、そして見たであろう夏の生き生きと青々とした草木に包まれながら、本日、国家の未来をその目で見ながら涙して散華された戦没者の御霊に哀 … 続きを読む

広島68回目の原爆忌

広島は68回目の原爆忌を迎えました。改めて犠牲になられた十数万の方々に哀悼の誠を捧げます。今日は娘の12回目の誕生日でもあります。因果な日に我が第一子を授かった意味を12回噛みしめて参りました。改めて核兵器廃絶に向けた取 … 続きを読む