日本学術会議と安全保障研究

数年前に、防衛装備庁(防衛省・自衛隊の装備品の技術研究開発若しくは調達を行う機関)が防衛技術に資する基礎研究を広く公募する安全保障技術研究推進制度を始めましたが、これについてメディアでは、軍事研究だと批判し、研究者の代表 … 続きを読む

北京・深セン訪問。国際秩序、サイバー、倫理観など

(中国共産党対外連絡部宋濤部長) 先々週、中国を訪問しました。その時に思ったことを、徒然なるままに書き残しておきたいと思います。 中国は鄧小平以来の改革開放によって独自の発展モデルを作り上げ、目覚ましい経済発展を遂げてい … 続きを読む

【善然庵閑話】AIと壁:言葉と政治と宗教と科学技術

久しぶりに善然庵閑話シリーズとして由無し事を書き綴ってみました。お暇な方限定とさせていただきます。 結論から書くと、人類の進化というものは、言葉や政治や宗教やテクノロジーのそれぞれの壁が、それぞれお互いに壊し壊されること … 続きを読む

宇宙開発利用

宇宙基本法が成立して10年が経ちます。10年前までは、宇宙政策の主目的が科学であって、科学は絶対に必要なのだけど、莫大な血税投資をした割に、国民の皆様から何のため、という指摘に明確に打ち返せる材料に乏しかったのも事実です … 続きを読む

UAE訪問

先日の11月12日、UAEを訪問して参りました。国防省幹部との意見交換の他、ドバイエアショーへの航空自衛隊C-2輸送機の展示にあたりご関心を示して頂いた各国の政府関係者との意見交換やメディア説明会の対応に当たりました。 … 続きを読む

機関紙企画:危機に立つ日本の科学技術

自民党の機関紙の企画で、今年3月くらいから「危機に立つ日本の科学技術」と題した連載記事が掲載されていましたが、今回は「知財立国の課題と展望」というテーマとなり、知財戦略調査会と科学技術イノベーション戦略調査会の両方の事務 … 続きを読む

オーストラリアと資源と産業と歴史

先日、自民党総研メンバー11人(総研は党のシンクタンクで主任研究員は民間出身の精鋭)、同僚議員2人とともに、オーストラリア(以下豪州)を訪問して参りました。日本にとって豪州は、インド、韓国、ニュージーランドとともに戦略的 … 続きを読む

原爆死没者慰霊碑と恒久平和の誓い

忘れてはならない夏があります。 先日、同期で広島選出の中川俊直代議士の会合にお招きいただいた際に、平和記念公園に立ち寄り、原爆戦没者慰霊碑に向かい、献花をして参りました。過去に何度か伺っていますが、靖国神社と同様、できれ … 続きを読む

日本の未来に投資しなければジリ貧の三流国になる

ありとあらゆる事柄について見ても、何かを始めなければ何も生まれません。会社でも農家でも、将来の先行投資をしなければ現在価値を生み出すことはできません。逆に言えば、全ての現在価値は、過去の先行投資の上に成り立っています。福 … 続きを読む