リスクマネージメントとリスクテイク

リスクを取れる上司と、責任を回避する上司と、どちらがいいですか。

リスクマネージメント部門を設ける企業が多くなりましたが、そのリスクマネージメントとは何か。企業が社会から責任を追及されないようリスクを回避することなのか、あるいは、企業行動が結果的にもたらす社会へのダメージをコントロールすることなのか。本質的には後者であるべきですが、前者も多いような気がします。

JR北海道。どういうリスクを誰が何の目的でどのようにマネージメントしていたのか。深く考えさせられる事件です。

リスクマネージメント部門にいた人を見ていると2種類に分かれるような気がします。後者の人はリスクを取って責任も引き受け社会を切り開くタイプ。前者は自分を守ることに精一杯でリスクを恐れ責任を回避し自分で決断しないタイプ。

以前、地元の企業の社長さんがいい言葉を教えてくれました。俺が責任をとるんだから、君たち従業員は俺が責任を取れるように責任を持ってくれ、と。こういう企業だと何となく安心できます。

そしてリスクを後者の意味のマネージメントしながらテイクできる企業が増えていかなければ社会は前進しない。だから政治はテイクできる環境を作っていかなければならないのだと思います。

カテゴリー: オピニオン, 地域活性化, 経済財政金融 この記事のURL