Wikileaks(ウィキリークス)とマスコミ政治

 アサンジなる男が不法に入手した外交資料を公開し話題になりました。曰く、「知る権利があり報道する自由がある。もしイラク戦争前に公開できていれば戦争は回避できていたかもしれない」。果たしてそうでしょうか。戦争が回避できた可能性も否定はしませんが、これからまた戦争になってしまう可能性の方がはるかに高いと思います。そうなってしまったら、一体この男はどのように責任を取るのでしょうか。明石元二郎の爪の垢でも煎じて飲ませたいとはこのことです。

 こうした情報を公開するかしないかは、選挙によって付託を受けた政治が判断し責任をとるべきです。マスコミは判断を促し批評をする機関であるべきで、判断自体をする機関であってはなりません。これは主要な新聞社や報道各社にも言えることです。
皆様はどのようにお感じになったでしょうか。

カテゴリー: オピニオン, 外交安保, 政治姿勢・国家像・憲法 タグ: , この記事のURL