フィリピン出張:平和を築く礎は一人ひとりの思い

今回は、海の話です。先日、急遽フィリピンに出張に行ってまいりました。各国との共同訓練などのためインド太平洋地域に展開している海上自衛隊の護衛艦かが、すずつき、いなずま。その最初の寄港地がフィリピン・スービック湾であって、その旗艦である護衛艦かがにドゥテルテ大統領をお迎えすることになったため、大臣命で急遽訪問することになりました。(因みに艦長は香川出身)

そこで出会った隊員一人一人の真剣な思いが集合体となって平和を築いていることを実感させられます。その雄姿と眼差しが未だ鮮明に瞼に焼き付いて離れません。

艦内では、福田群司令とともにドゥテルテ大統領と意見交換をさせていただきました。大統領のかが訪問は両国の友好関係の象徴であって更に深化させなければなりません。そして、その礎を築いてくれているのが、一人一人の隊員さんです。

・防衛省
http://www.mod.go.jp/j/approach/exchange/nikoku/docs/2018/09/01_j-philippines_gaiyo_j.html

・フィリピン政府広報動画

・フィリピン政府広報記事
http://pia.gov.ph/news/articles/1012188

・国内報道
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3461988.html
https://this.kiji.is/408591196232270945?c=39546741839462401

・当日の写真







カテゴリー: オピニオン, 外交安保 この記事のURL