ホルムズ海峡を巡る財務相発言は日本を貶める

ホルムズ海峡(ペルシャ湾)の緊張を巡る一連の我が国政府の対応について、まず事実経緯について簡単に触れておきます。 ・イランの核開発疑惑についてアメリカが経済制裁(原油取引)を表明 ・イランがホルムズ海峡封鎖を示唆(UAE … 続きを読む

戦後を終わらせねばなりません

12月8日と言えば真珠湾攻撃。ことしで70年になりました。そして、先日の共同通信の配信で知ったのですが、4日にはハワイで真珠湾攻撃に関するシンポジウムがアメリカ内務省主催で行われ、私が大変お世話になった元海上自衛官(海将 … 続きを読む

普天間と沖縄の心

残念な事案が発生しております。防衛相の発言です。過去にこの場で何度も私の考えを申し上げていますが、基本的には閣僚発言の一つ一つで政局が左右されるべきではありませんし、ことさら取り上げることは慎むべきだと思っています。 し … 続きを読む

月と祖父とアメリカのお婆ちゃん

 中秋の名月。落ち着いて月でも見ながら団子を食して秋を感じたい気分なのですが、今日はいたるところでお月見の会があり、そうもいかず、結局右往左往して文化的雰囲気に浸る余裕はありませんでした。毎年の事ながら、私の住んでいるコ … 続きを読む

緊張の2012年、日本の将来

 世界に目を向けると、2012年というのは歴史上の一つの分水嶺になる可能性を秘めています。主要国の元首クラスの選挙が集中する年に当たるからです。それだけ?はい、それだけです。それだけでも結構国際関係は大きく変わります。そ … 続きを読む

ルックコリア?

かつて80年代初頭に当時のマハティール首相はマレーシアも日本や韓国の勤勉精神に学ぼうと種々の政策を打ち出しました。ルックイースト政策です。結果的に日本や韓国から企業進出が増えすぎて国内の批判を浴びることにもなりますが、し … 続きを読む

アジア・ASEAN・アメリカ・・・日本

最近のアジアを中心とした国際地政学的な動きは、周辺諸国のみならず主要国に緊張を生んでいます。 日本で言えば、皆様ご存知の通り東シナ海・尖閣・ガス田あるいは沖の鳥島で中国と、竹島で韓国と、そして北方領土でロシアと問題を抱え … 続きを読む

世界の特許事情と科学技術政策

世界の特許事務を司るWIPOという組織があります。そこが毎年、特許出願件数を発表していますが、その発表を受けて、今年はいよいよ中国に抜かれる年だという報道が為されています。 http://www.wipo.int/pre … 続きを読む

普天間の行方

普天間の議論は、2005年合意と続く2006年合意によって、ほぼ地元と米側との刷り合わせができていました。移設先は辺野古沖であり2014年までに移設完了を目指すという内容でした。ところが、皆様ご存知の通り政権交代によって … 続きを読む

尖閣諸島

■尖閣諸島問題 ○想像力の欠如 外交はともすれば想像力の勝負だと思っています。そして、尖閣問題は、現在の為政者が、これほど中国が強硬な態度に出るとは想像していなかった、ということだと思います(していれば突然釈放はしません … 続きを読む