日銀の英断

これまで選挙の遥か前の1年以上前から、ず〜っとお訴え申し上げておりました、日銀による金融緩和と財政出動についてです。

https://keitaro-ohno.com/?p=1276
https://keitaro-ohno.com/?p=40

今日、日銀と政府が共同声明を出しました。安倍総理が選挙中から訴えておられました2%のインフレターゲッティング。2人の委員の反対、7人の賛成で、導入が決定されました。昨年、擬似インフレターゲッティングが導入され、1%を目処に、という表現でしたが、今回は2%の「目標」とされました。しかも無期限の資産買い入れも全員一致で通っています。デフレ脱却に向けた本気度が感じられます。私は何もできていませんが、思っていたことが実現されたことは本当に感慨深いものがあります。これから24年度の補正予算と25年の本予算が決まっていきますが、これで需給ギャップの埋める本当の作業が始まります。がんばって参りたいと思います。

ついでながらですが、今日、税制調査会に参加して参りましたが、税制でも本気度を感じます。税制調査会では私も何度か発言をさせていただきましたが、幹部の皆様の本気度も感じます。例えば、住宅ローン減税。4年間の継続の方向。しかも控除額はかなり拡大されています。事業承継税制も、これまでなかなか使いにくかった評判のあまりよろしくない制度でしたが、随分と使いやすくなったのではないかと思います。車体課税も懸案事項でしたが、取得税は廃止の方向に進みます(地方税収には十分な配慮があります)。正式には近日中に税制大綱で発表されると思いますので、そのときにまた報告したいと思います。

10年後、あぁ、あの2013年という年は、日本が復活するきっかけとなったあの年だよね、と言われるような、そんな2013年になれば、と思いますし、そうしていくように努力して参りたいと思います。

今後ともご指導賜ればと思います。

カテゴリー: オピニオン, 経済財政金融 この記事のURL